さぬきうどん材料専門携帯ショップOPEN!

吉原食糧株式会社
香川県坂出市林田町4285-152
TEL:0877-47-2030
FAX:0877-47-1910

知っとる?さぬきうどん

【新感覚と情熱で讃岐うどんの地平を追い求める】 こだわり麺や 小西啓介さん

お客様、私と一緒に働く人たち、取引業者の皆さん.....みんな「元気」になってほしい!
小西さんは淡々としかし熱く、語ります。
一歩お店に入ると”あふれる活気”! 麺やのうどんを食べる....「美味しい!!」.....そして、元気が湧き上がってくる。.....「よし、また頑張ろう!!」という気持ちでお客様に帰って頂く・・・・これが、小西流さぬきうどん店の在り方の基本形です。

お店全体に「心」が感じられる、新・カジュアルスタイルのセルフうどん店。
私は、小西さんのうどん店経営のコンセプトは、独創的で、しかも人の和の広がりを持つ”哲学=人の生き方”にも共通するものを感じます。

麺や ぶっかけ.jpg

幼少から小西さんの記憶にある、美味しいさぬきうどんのイメージ…麺の食感・だしの旨味・そして食べ方(メニュー)。これらを、「今」の讃岐うどんとしてどう表現するのか。
徹底して追求する。追って追って追って、小西さんのイメージを具現化していく。最終的には、全てが「さぬきうどん」と「心が満ち足りる=満足」との融合に行き着くのです。

お店で、そして麺作りで活き活きと働く人たちと共に、小西さんの目指す「讃岐うどん」と「うどん店」のイメージ、そして新しいビジネスモデルが形作られていきます。
”小西流讃岐うどん店”の素晴らしさは、小西さんの”思い”が働く人たち全員の心に自然に伝わっているところです。だから、お店に”麺や”ならではの「一体感」がある。
だから、出てくるうどんは最高に旨い!!

小西さん(260).jpg
 【当社のハイブリッド「麺や」専用小麦粉を前の小西さん】

「全店で(5拠点)、いつでも活き活きとした店であり続けたい。」「セルフの便利さだけにしたくない。お店に"心"がないと生き残ることはできない。」小西さんは、お客様・自社の在り方に対するコンセプトを、明確にもっています。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

小西さんの作るうどんは、なめらか・もちもち+弾力α+麺の旨味。夏に特に良く出る「ぶっかけうどん」は、それはそれは粘く、ギューッと伸びるうどん。輝くような光沢と、口に入れた時の”もちもち”とした独特の弾力がたまりません。
かけうどんでも、”もちもち感+弾力感”の食感はきちんと堅持!!。これが、人気のもとだと思いますね。^o^

是非、一度食べてみてください。

ぶっかけ(麺や 2)280.jpg

麺や しっぽく .jpg
 【こだわりメニューも人気です】

丸亀・田村店.jpg
 【丸亀・田村店】

店内(280).jpg
 【昼食時間帯を過ぎても活況の丸亀・田村店内】

麺や:川津店280.jpg
 【坂出・川津店】

麺や:込み合う店内(2)280.jpg
 【坂出・川津店内】

小学生180.jpg

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

平成10年に、丸亀市田村町で創業以来、平成19年には香川県庁前に店舗を開業。現在5つの拠点で営業活動を行っています。各店舗の情報はここからどうぞ。

今後の、讃岐うどん外食市場の動向をきちんと捉え、新しい感覚と情熱、そしてあくまで着実に「お客様に元気になって頂きたい」というコンセプトを基に、将来を見つめる小西さんでした。

■ 営業時間 : 各店舗 6:30amから! 年中無休。
ホームページ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【各店舗】

● 高松店
香川県高松市天神前5−25
TEL/FAX 087−862−2567
営業時間 6:30〜15:00 年中無休

● 丸亀田村店
香川県丸亀市田村町613−1
TEL/FAX 0877−25−3775
営業時間 06:30〜18:00

● 坂出川津店
香川県坂出市川津町3234−6
TEL/FAX 0877−46−6103
営業時間 06:30〜14:30

● 綾南店
香川県綾歌郡綾川町大字甲503−1
TEL/FAX 087−876−5750
営業時間 6:30〜18:00

.

掲載日 : 2007年8月 5日