さぬきうどん材料専門携帯ショップOPEN!

吉原食糧株式会社
香川県坂出市林田町4285-152
TEL:0877-47-2030
FAX:0877-47-1910

会社情報

会社概要

会社概観写真

会社名

吉原食糧株式会社

創業

明治35年

会社設立

昭和25年3月24日

本社・製粉工場

〒762-0012
香川県坂出市林田町4285-152
TEL(0877)47-2030
FAX(0877)47-1910

中央埠頭サイロ

〒762-0002
香川県坂出市入船町1-6-15
TEL(0877)46-4467

林田倉庫

〒762-0012
香川県坂出市林田町4285-195
TEL(0877)47-2171

会社役員

代表取締役社長 吉原 良一
代表取締役専務 吉原 元也
取締役会長 吉原正平
取締役 山地 富士夫
監査役 吉原 千香子
監査役 吉原 エミ子

資本金

4,000万円

事業内容

■製粉業
・小麦粉、ふすまの開発 ・製造・販売
・ミックス(惣菜、製菓・製パン用等)の開発・製造・販売

■倉庫業(倉庫証券発行倉庫)

沿革

1902(明治35)年

生業として坂出市に精麦工場を開設。京阪神・山陰・東海道・北海道、又、国策に沿って朝鮮へも移出販売開始。

1940(昭和15)年

精麦工場は農林省指定工場として精麦能力は250馬力、特に陸軍糧抹廠並びに呉海軍軍需部、航空隊の指定工場として押麦を納入。当時燻蒸可能倉庫5棟680坪は戦争中は海軍の指定倉庫として、戦後は農林省指定倉庫として保管管理にあたる。

1947(昭和22)年 3月

坂出市青葉町7番37号に製粉工場を設立し農林省指定委託加工工場として、小麦粉・ふすまを生産。(日産28t)

1950(昭和25)年 3月

法人組織とし、有限会社吉原精麦所を設立。資本金20万円で発足。

1953(昭和28)年 2月

製粉工場設備能力の増設に伴い、資本金を220万円に増資。

1962(昭和37)年 10月

運輸省より倉庫業を許可され、政府指定倉庫として営業を開始。

1965(昭和40)年 2月

資本金2,000万円に増資。

1965(昭和40)年 4月

坂出市より営業倉庫用地として中央埠頭背後地に土地450坪を購入。

1966(昭和41)年 6月

中央埠頭用地に撒麦保管倉庫(保管能力計2,400t)を建設。

1969(昭和44)年 4月

製粉工場を坂出市富士見町1丁目10番15号に移転。設備能力113t。

1969(昭和44)年 5月

倉庫証券発行許可される。

1969(昭和44)年 6月

中央埠頭用地に貯蔵そう倉庫(サイロ)5基、保管能力計2,200tを建設。

1972(昭和47)年 4月

坂出サイロ事業協同組合設立に参加。

1975(昭和50)年 3月

資本金を4,000万円に増資。

1975(昭和50)年 10月

中央埠頭用地に貯蔵そう倉庫(サイロ)18基、保管能力計7,470tを建設。

1981(昭和56)年 3月

坂出市より林田埠頭の背後地に工場用地(5,000m2)の譲渡を受ける。

1983(昭和58)年 6月

林田サイロ事業協同組合設立に参加。

1984(昭和59)年 2月

製粉工場。附属サイロの起工式。

1985(昭和60)年 7月

製粉工場竣工、移転。生産能力154.3t/日

1991(平成3)年 6月

吉原食糧株式会社に組織変更。

1992(平成4)年 5月

ミックス製造ライン設置。

1996(平成8)年 11月

香川県で初めて、(株)甚助と共同で小豆島肥土山地区に低アミロース系小麦「チクゴイズミ」を自主的に栽培。低アミロース系小麦粉の企画・開発。

1998(平成10)年 11月

第20回 食品産業優良企業等 表彰事業 (農林水産省食品流通局)より 表彰。
「県産小麦を使って讃岐うどんの品質向上につながる麺用粉を開発。地域農産物の消費拡大に貢献。県農業試験場、県食品試験場と共同して優良小麦品種の開発に取り組んだ功績による表彰。」 http://www.maff.go.jp/work/981118-01.pdf

1998(平成10)年 12月

欧州より石臼機を導入。香川県産・北海道産小麦の石臼挽き小麦粉を発売開始。

1999(平成11)年 5月

さぬきの夢2000小麦の開発プロジェクトに参加。

2004(平成16)年 6月

工場制御システムを、(1) 品質安定 (2) 高機能(複数小麦粉の高精度ミキシング・切替運転の原料別自動処理化など)(3) 高効率(予約精選・自動タンク切替システム等)を実現するためリプレースを行った。新・光ファイバーリンクにバージョンアップし、多品種生産と品質安定を同時に実現するシステム化を図った。

2004(平成16)年 7月

NHK番組「プロジェクトX」にさぬきの夢2000小麦開発が取り上げられ、吉原良一(当時:専務)が出演、当社の製粉技術開発の取り組みについて番組で紹介された。又、NHK出版から「プロジェクトX 挑戦者たち(25)~勝利への疾走~「さぬきうどん 至高のうまさとは」(ISBN4-14-080886-1)が出版され、当社の取り組みや県産小麦に関する考え方が紹介された。

2006(平成18)年10月

変化する讃岐うどんの嗜好性に対応するべく、新しい製粉加工による「讃岐プレミアム・オリジナル」を開発。
小豆島(株)甚助社が企画した、手延素麺「大吟穣 貴珀」「大吟穣 手延こびきうどん」として製品化。三越全店で発売され高い評価を得た。

2007(平成19)年5月

オーストラリア産小麦と香川県産小麦「さぬきの夢2000」の両者の優れた特性を融合した新コンセプトの”ハイブリッド小麦粉讃岐プレミアム(Y8)」”を発表。
当社が、提案・提供させて頂いた讃岐プレミアム(Y8)で作った讃岐うどん(他社生産)が、2007年モンドセレクションにおいて最高金賞を受賞した。

2007(平成19)年10月

当社製粉工場で、”~讃岐うどんタイムカプセル~イベント”を開催。
食べて知る、讃岐うどんの歴史と未来」がコンセプト。製粉工場を一般の方に開放し、約800名が来場、以下の3つの時代の讃岐うどんを実際に食べて賑わった。
(1)昭和初期の讃岐うどん(さぬきの夢2000の石臼挽き小麦粉を使用):【80年前】
(2)昭和45年(大阪万博の年)の讃岐うどん:【37年前】
(3)次世代・讃岐うどん:【近未来 ~ 2015年】

2008(平成20)年11月3日(文化の日)

当社製粉工場で、”~讃岐うどんタイムカプセル(第2回)~イベント”を開催。約800人の来場を記録した。

2008(平成20)年11月

当社のさぬきうどん用小麦粉製品である、「ハイブリッド小麦粉シリーズ:讃岐プレミアム、白鳳など」が、2008年度 食品産業技術功労賞(食品産業新聞社)を受賞致した。

2009(平成21)年6月

代表取締役 吉原良一が「だから、さぬきうどんは旨い」(旭屋出版(株))を出版。
今まで、書かれることのなかった「さぬきうどんの素顔」を原料小麦・小麦粉供給の立場から紹介。戦後のさぬきうどんの実際を、豊富なデータや関係者の話から実証しながら明らかにした。またASW(豪州産小麦)についても詳しく説明。さぬきうどん手打ち技術についても詳しく紹介。

企業理念

吉原食糧は、人々の健康の促進と、
美味しく安心して食することができる豊かな生活を一層高めるために
常に新しい価値を創造し社会に提供していきます。

経営姿勢

  1. お客様と一体化し、終始誠実に努力を重ね、お客様の目的を共に達成します。
    (Synergy effect with our customers)
  2. 感度とスピードをもって、時代に適合していきます。
  3. オープンで公正な経営、地域と連帯し社会性の高い経営を目指します。
  4. 個が才能を発揮できる機会を創出し、自発性が活きる組織作りを目指します。
    そして働く人たちがお互いをプロフェッショナルと認め、磨きあう「和」と「活力」のある経営を目指します。